エコカー、クリーンディーゼル車のすべて

MENU
2014/12/06 23:54:06 |
マツダは日本の自動車メーカーの中でも早い段階に乗用モデルにクリーンディーゼルエンジンを持ち込んだところで、最近発売されたデミオよりももっと前に発売されていたアクセラ・アテンザ・CX-5にもクリーンディーゼルエンジンモデルを用意していました。3モデルに搭載されているクリーンディーゼルエンジンは共通のものでSKYACTIV-D2.2と呼ばれるもので14.0という低い圧縮比を持つ2.2リッターコモンレール式クリーンディーゼルで低回転域から過給を行うことができる2ステージタービンを採用しています。パワースペックも3車種共通で175psの42.8kgf・mという2リッターガソリンエンジンモデルより優れた...
2014/11/18 06:26:18 |
先代モデルから12年ぶりに発売された三菱のミラージュは完全に低燃費を意識したコンパクトカーとして生まれ変わりました。ミラージュは元来、1200ccから1800cc程度のエンジンを搭載する小型から中型モデルまでをカバーするモデルだったのですが、新しいミラージュは燃費性能を向上させるためにエンジン排気量を1リッターまで下げ、意外と燃費性能に大きく影響する車両重量を軽くするためにボディを小さくしたのです。ここ最近発売されるコンパクトカーと呼ばれるものの多くがもう少しで3ナンバーになってしまうほど大型化しているのですが、このミラージュや余裕で5ナンバー枠の収まるような非常に小さなボディとなっているので...
2014/11/18 06:20:18 |
つい最近新しく発売されたマツダのデミオですが、今回はどうやらクリーンディーゼルモデルが主役のようです。マツダは日本での販売と共にヨーロッパ圏での販売にも力を入れており、通常のガソリンエンジンモデルのほかにヨーロッパで人気の高いクリーンディーゼルエンジンモデルを投入することが多い自動車メーカーです。その中に今回のデミオをも含まれているのですが、先代まであった1.5リッターガソリンエンジンモデルを廃止した割にはディーゼルエンジンモデルを用意したという事実はクリーンディーゼルエンジンモデルをかなり重要視しているということにつながると思います。デミオに搭載されているのはSKYACTIV-Dと呼ばれる1...
2014/10/30 23:58:30 |
政府がエコカー減税や現在では終了しているエコカー補助金を打ち出してから一気に広まったエコカー。地球にやさしい車作りを推奨するための対策なのですが、その2つの恩恵を得るためには燃費や排気ガス濃度、リサイクル部品などのさまざま条件が課せられます。この条件をクリアした車をエコカーと呼んでいるのですが、中にはハイブリッドカーやプラグインハイブリッドカー、EVなども含まれているので単純にエコカーといってもたくさんのものがあるのですが、ここはあえてハイブリッドなど電気モーターを用いないでエコカー基準に合致した車をエコカーと呼ぶことにしましょう。このエコカーというものは何がエコなのかというと早い話、燃費がい...